腸の長い日本人は腸内環境を正常化して便秘対策を!

話によれば日本人の腸は約7.5メートルと言われます。
それに対して欧米人の腸は4メートルと、ほぼ半分の長さなのです。
比較的体格の良い欧米人の倍も腸があるってビックリですが、この長さの違いの原因は食べ物の差によるものだと思われます。
食肉を進めてきた欧米人と穀物を主食にしてきた日本人では食べ物の処理の仕方が違うのは当然と言えます。
腸の長い日本人が肉食をして便秘になっいたりするとヒスタミンやインドールアンモニアといった有害物質を発生させて大腸ガンの原因になってしまう事もあるようです。
豚、牛など動物の体温は高いので低い人間が食べると脂肪分が血管の中で固まって動脈硬化や高血圧になりやすくなるとも言われます。
でも現在、私たち日本人の食卓にお肉が上がらない日は無いと思うほどお肉を食べています。
どうやって早く体外に排出するかが腸内環境を健康に保つカギとなります。

そこで「玄米食」のスーパーデドックス効果をご紹介いたします。

玄米は食物繊維がとても多い食品です。
玄米の食物繊維は周りにある茶色い部分、細胞壁と胚芽の中にあります。
まず食べた時に多く噛んでしまうので消化器系と脳に刺激を与えてくれます。
胃の中でも消化のため、ゆっくりと進みますので腹モチが良くなり血糖値の急激な上昇を抑える働きもしてくれます。(玄米はGI値、グリセミック指数55です。)
小腸では物理的な刺激を与え、大腸では腸内環境のエサになります。
食物繊維の発酵がその腸内細菌のおかげで始まりペーハーが下がり善玉菌が増えてくれます。
短鎖脂肪酸が消化管ホルモンの分泌を促し消化器系臓器の活動を活発化させ消化液の分泌を促してくれます。

それだけでもお通じに期待が持てますが、それ以上にデドックス効果があると言われる『フィチン(IP6)』が入っています。
フィチンのキレート効果で化学物質の化学肥料や食品添加物、水銀のような重金属イオンと結合して体外に排出してくれると言われています。
それも食物繊維よりも強力だと言われています。
玄米の優れたデドックス効果は数々の実験研究でも証明されています。
昔「コンパ21」no332 にはお米の水銀農薬残留実験で白米食のマウスよりも玄米食のマウスの方が大便に水銀排泄が多く検出されたとありました。
この事からも玄米のデドックス効果は確認頂けると思います。
難しい事も書きましたが、どうか食べてみて頂きたいと言うのが私の思いです。
便通の良さは多くの方に感じられると思います。

 

【ワンコインお試しパック】玄米3合

【ワンコインお試しパック】玄米3合