人間の3大栄養素はタンパク質、炭水化物、脂質と言われていましたが
最近ではミネラルやビタミン、微量元素と食物繊維がないと3大栄養素のタンパク質、炭水化物、脂質はちゃんと仕事をしてくれないと言われています。
農業の世界にも3大肥料信仰と言われたものがありました、窒素、リン酸、カリウムの3つです。
3大肥料信仰を基に作られた化学肥料は病気になりやすかったり栄養に偏りが出やすかったり病気にも強くないためさらに農薬で補おうとします。
そのため連鎖障害が起こりやすく土地も地下水も悪影響が心配されました。

最近の近代農業では微生物やミネラルの重要性が認められ有機農法など科学的な検証を始めています。
当店の地元「JA越後ながおか」ではエコ・5−5運動という減農薬・減化学肥料栽培を環境保全を考えて農薬使用を以前の半分以下に抑えるなどの活動が盛んにおこなわれています。
天然の有機物からの発酵を促し微生物が活発に元気に活動してくれる上質な農地で育った作物ほど病気に強く栄養価のバランスも良くそうなれば農薬も少なくて良いことになります。

人間のお腹の中、腸の微生物も同じように考えられます。
サプリメントや薬で全ての栄養を補うには限界があります
農地で微生物が分解してくれた栄養素を作物の根が吸収するように
私たちが食事をした後、口の中の唾液や胃の中の胃液の酵素や酸で溶解された後、
乳酸菌等々腸内細菌が分解してくれるおかげで栄養素は吸収されます。

昔は腸内細菌のエサである食物繊維を多く含んだ野菜が中心の食生活だった日本人の腸は肉食を何代もしている欧米人の倍の長さがありますから腸内細菌も倍必要になります。

日本人の腸の長さは約7.5メートルに対して欧米人は4メートルと言われています。
(そんなことは無いと言われる方もいられます)
体格の大きい欧米人の倍の腸の長さと言うのはビックリしますがこの長さの違いは代々食べ続けてきた食べ物の差と思われます。
食肉を進めてきた欧米人と穀物を主食にしてきた日本人では食べ物の消化の仕方は違うのは当たり前ですね。
日本人のような腸の長さで肉食をして便秘になるとインドールアンモニアやヒスタミンなどの有害物質が発生し異常発酵を起こしたり腐敗酵素が生じるとも言われます。
それは大腸ガンの原因にもなると考えられます。
牛や豚の体温は人間よりも高く、体温の低い人間が食べると脂肪分が血管の中で固まって動脈硬化や高血圧になりやすくなるとも言われます。
とはいえ、今やお肉が食卓に上がらない日は無いほどお肉大好きな日本人はどうしていけばいいか?

ここでも玄米が頑張ってくれます。

ご存じの通り玄米は食物繊維が豊富に含まれています。

玄米の表面(精米すると削ってしまう部分です)果皮、種皮、糊粉層、
特に細胞壁と胚芽の部分に多くあります。
グリセミック指数55と血糖値が上がりずらい玄米は腹モチも良くゆっくりと消化されていきます。
玄米の食物繊維はゆっくりと腸内で消化される時間に腸内細菌のエサとなりペーハーが下がり善玉菌を増やしてくれます。
しかも玄米の食物繊維は非水溶性のため腸管内の水を吸収して便の体積、大きさを著しく増大してくれます。
この便の増大により今度は一転、腸管内の通過時間が加速しゴミを掃き出すほうきのような役割をしてくれます。
さらに玄米食物繊維の必須元素と言われて豊富に含まれるシリカ(ケイ素)が腸内細菌を活性化してくれるというのです。
玄米のシリカ(ケイ素)は、食物繊維の中の要と言われ、その活動を強めてくれます。
また、シリカ(ケイ素)はヒアルロン酸、コラーゲン、コンドロイチンなどを構成する物質として結合組織を丈夫にする働きをしてくれています。

その他に、フィチン(IP6)のデドックス効果は食物繊維の比ではなく、化学物質の化学肥料や食品添加物、水銀のような重金属イオンと結合して体外に排出してくれると言われています。

玄米のスーパーデドックス効果は
食物繊維とフィチン(IP6)とシリカ(ケイ素)の大きな力が働いてくれて大きな仕事をしてくれます。

【ワンコインお試しパック】玄米3合

【ワンコインお試しパック】玄米3合