成長期に欠かせないビタミンB1

精米する事で玄米の栄養素から特に低下してしまうのがビタミンB1です。
B1は体の中では糖質の代謝に欠かせないビタミンなので白米は玄米に比べて代謝が行われずらくなります。「1000船ロリーのエネルギーを摂取した時、少なくとも0.23咾離咼織潺鵤1が必要となり、0.4咾箸譴仆淑と言われています。平均的な日本人は2000船ロリー程度のエネルギー摂取が必要とされています。したがって、0.8喞度必要とされています。玄米100gに対して0.54咫白米100gに対して0.12咾箸気譴討い泙垢里如△海虜垢和腓いですね。ビタミンB1は知育発育に大きな影響があるものらしいので豊富に摂取出来る玄米は強い味方のなれますね。

さらに、発芽させると…
玄米の食物繊維の量は3%ですが発芽すると4%に増え
発芽時にはビタミンが急増!とくにビタミンB1やナイアシン(ビタミンB3)が増えます。
そして、GABA(ギャバ=γアミノ酪酸)が、なんと玄米の1.7倍で白米の10倍なんだそうです。
ぜひとも発芽させて食べて頂きたい玄米です。

※ ただ、発芽させた後、成長を止めてしまうとアブシジン酸が復活してしまうようです。
という事を考えると市販の発芽玄米は…? 疑問が残ります。

【ワンコインお試しパック】玄米3合

【ワンコインお試しパック】玄米3合