玄米を120℃以上になってしまう圧力釜で炊くと出てしまう毒、「アクリルアミド」
もともと玄米を炊くために開発されたと言う噂の圧力釜です。
120℃以上になる圧力釜は玄米に含まれる糖質とタンパク質が結び付いて「糖化」してしまうそうです。
この糖化によってアクリルアミドが発生してしまうんだそうです。
とても便利で硬いものを柔らかくできたり、時間の短縮、など良い所ばかりと思っていましたが少し残念な気がします。
ただ、120℃以下しか上がらない物は発生しないようです。
それを知ったメーカーも次々と117℃程度の圧力釜を販売し始めました。
これからご購入の方にはそちらがお勧めです。

【ワンコインお試しパック】玄米3合

【ワンコインお試しパック】玄米3合